HOME >  こだわり店長の逸品探しの旅 >  2010年9月アーカイブ

2010年9月アーカイブ

「こどもたちの笑顔をいっぱい作ろう!」という想いで家具をプロデュースしている社長さんとお会いしました。

社長のこだわりは、デザイン、国産 、安全性、そして作り手の想い。

 

デザイン

家具デザイナーはもちろん、プロダクトや建築、グラフィックなどの他業種のフリーデザイナーが参加。

つくり

全て静岡の家具職人さんたちによるハンドメイド。

その為「安く、大量に生産」というわけにはいきませんが、経験豊富な職人さんがひとつひとつ丁寧に仕上げております。

安全性

安全性や強度にも十分注意をしています。塗料には「なめても安全な塗料」を使用し、椅子類は全て耐荷重テストで100kgをクリアしたものだけをアイテム化しています。その他、木工品の角(かど)は、糸面(いとめん)と呼ばれる細工で落とし、こどもたちがさわっても痛くないように加工しています。

 

お話をお聞きしていると社長の人柄や想いが商品にまっすぐにでていることがわかりました。

 

コクバンケシ02.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像03red_ro.JPGPB290039.JPG

 

 

コクバンケシに、ロボット、アウトレットボックス、どこか懐かしく、遊びゴコロのあるインテリア収納家具たち。

この商品は、「子供のためだけではもったい、大人だって楽しめる。」そんな印象をもちました。

 

さて、勝手ながらこの商品は、いったいどんなシーンで使われるのだろうと考えてみました。

 

●家庭では・・・

・ロフトがあればこの家具をならべて子供とパパの秘密基地に。大人と子供のコミュニケーションのスペースに。 

・大人の癒しインテリア家具として書斎、リビングに。

 特にロビットはガレージに工具やオイル、WAXなど車にかかわる道具類をしまっておく。

 

●インパクトのある家具なので業務用にも・・・

・ショップのディスプレイに使えばかなりインパクトをあたえる空間に。

・病院の待合室などに絵本やマンガをいれておけば子供たちにも安心して笑顔で待ってる、などなど・・・。

 

まだまだいろいろな場所で置いてみたくなるインテリア収納家具です。

子供部屋の収納家具だけではもったい、遊びゴコロのある大人の方へ・・・。