HOME >  こだわり店長の逸品探しの旅 >  2010年12月アーカイブ

2010年12月アーカイブ

 

  IP1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

江戸、明治から継承され るものづくりの伝統・技術・人情豊かな下町文化が根づく町、墨田区。

 

今や完成前から観光スポットになっているスカイツリー。

その直ぐ近くに工房がある紗蔵さんにiPhone4のエコレザーをつかったケースをお願いしました。

  

 

 

紗蔵さんは、有名プロダクトデザイナーたちと匠職人のコラボレーションによりオリジナル皮革製品を定番のベルトやバッグからステーショナリー、インテリアグッズまで幅広く企画しています。そして、すみだマイスターに認定された職人の父によるハンドメイドで作られております。

 

 

今回、iPhone4のケースを作るにあたり素材は何を使うか、革の色は何色にするのか、いろいろ相談しアドバイスを頂き企画しました。

 

こうして作られたiPhone4のケースは、多くの人の手によるMade in Japan 、いやメイドインすみだの商品です。

次回は、iPad用のカバーをいっしょに企画しましょうね。

 

 

大変お待たせいたしました。

 

ロビットが順次出荷可能となりました。

 

お待ち頂いておりましたお客様には

大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

 

創業明治32年の歴史をもつ東京都墨田区の硝子メーカーさんに伺いました。

墨田区は江戸の伝統技術を継承しているお店やメーカー、また職人さんも

多くいる地域です。

そして新しい東京観光名所として、スカイツリーが注目されているスポットです。

 

会社におじゃますると、いろいろなガラス製品がショールームにはいっぱい飾ってあります。

昔懐かしい駄菓子屋さんにあったガラスのビンや菓子ケース、かき氷の器に、金魚鉢。

いま、このメーカーさんは砂時計が売れているようです。

3分、10分、30分に1時間時計。時間によって大きさが変わってきます。

これもまたなつかしく忘れていたガラス製品。しばらくじーっと見てしまいました。

全ての商品が、なつかしく、うつくしく、触ってみたくなる、ガラスの良さがココロに

染みてきます。

 

今回、取り扱う商品は「大正浪漫硝子」と「江戸切子」。

乳白色ミルキーグラスのタンブラー、ピルスナー、ソーダ水コップ。

江戸切子の斜めカットの10オンスオールドグラス。

 

お酒でもドリンクでもおいしく味わえるグラスです。

ミルキーグラスでクリスマスやお正月をいつもとは違うグラスで楽しんでください。